企業語学研修

海外へ進出していく日本の企業が増えたために、社内で企業語学研修などを行っていることも珍しくありません。

国内である程度のレベルに達した時点で、一定期間の語学留学などをおこなっている企業もあります。

こういった企業の狙いとしては、通訳を雇うのではなく自社の社員が語学に堪能になることにより、海外の取引先と親密になり良い取引きができるようになることが目的のひとつとなります。

海外の企業と商談を行う上では、語学は必須な項目と言ってもいいのではないでしょうか。

そのために、語学研修に力を入れているのです。

企業の語学研修は現在では、様々なパターンがあり、国内で語学ができるようにする企業もあれば、海外へ転勤してもらい、転勤先で語学学校などに通うという企業もあります。

また、成果の判定に多くの企業が採用しているのがTOEICのスコアを基準にして、レベル判定をおこなっています。

リスニングとリーディングの分野があるために、その人の語学のレベルが解りやすいうえに実用的だと感じているのではないでしょうか。

語学を仕事として活用するには、合計で750点以上を獲得する必要がありますので、企業研修などでもこのあたりの点数を基準として考えられているようです。